メーカー公式 63-8856-66 モード 幅65×長さ190×高さ55cm 数々のアワードを受賞 TB-310 黒×ライトグリーン

63-8856-66 モード 幅65×長さ190×高さ55cm 黒×ライトグリーン TB-310

20250円 63-8856-66 モード 幅65×長さ190×高さ55cm 黒×ライトグリーン TB-310 看護・医療・介護 診察・処置用品 診察備品 診察台 モード TB-310 幅65×長さ190×高さ55cm 頭部:黒 63-8856-66 モード 幅65×長さ190×高さ55cm 黒×ライトグリーン TB-310,看護・医療・介護 , 診察・処置用品 , 診察備品 , 診察台 , モード TB-310 幅65×長さ190×高さ55cm 頭部:黒,himachalholidaytrip.in,/barracan1041130.html,20250円 63-8856-66 モード 幅65×長さ190×高さ55cm 【数々のアワードを受賞】 TB-310 黒×ライトグリーン 20250円 63-8856-66 モード 幅65×長さ190×高さ55cm 黒×ライトグリーン TB-310 看護・医療・介護 診察・処置用品 診察備品 診察台 モード TB-310 幅65×長さ190×高さ55cm 頭部:黒 63-8856-66 モード 幅65×長さ190×高さ55cm 黒×ライトグリーン TB-310,看護・医療・介護 , 診察・処置用品 , 診察備品 , 診察台 , モード TB-310 幅65×長さ190×高さ55cm 頭部:黒,himachalholidaytrip.in,/barracan1041130.html,20250円 63-8856-66 モード 幅65×長さ190×高さ55cm 【数々のアワードを受賞】 TB-310 黒×ライトグリーン

20250円

63-8856-66 モード 幅65×長さ190×高さ55cm 黒×ライトグリーン TB-310

特徴

  • シートを2色カラーで分割することで頭足側の位置決め等に便利です。
  • ベッド脚部を内側に取り付けることで頭足側のスムーズな施術を実現。
  • 床面との隙間を微調整できる直径6cmのオリジナルアジャスター付き。

仕様

  • フレーム:スチール粉体塗装仕上げ
  • マット:耐次亜塩素酸
  • 耐薬品
  • 抗菌・防汚・難燃ビニルレザー張り
  • 重量:約26kg
  • 耐荷重:約300kg
  • 脚部組立式(アジャスター付き)
  • 寸法:65×190×55cm
  • 色(頭部×足部):黒×ライトグリーン

63-8856-66 モード 幅65×長さ190×高さ55cm 黒×ライトグリーン TB-310

溶接用語 【トップページ】
溶接一般
溶射
63-3909-11 ガイド付ジグシリンダ SGDAQ63X10-ZE135B1
64-5026-26 K1型抗菌塗装高密度収納棚 下部開放型 H2200XW1250XD325 4段 仕切りトレ-8個付 連結型 K1-U7434D8B
64-4228-83 ACSL1 Rabbit pAb 50uL A16253
64-6806-40 コアレステープ (18巻入) Y-09-GR-100CORELESS
64-0969-58 振取台 TS-8
黒×ライトグリーン コード番号:106-4452 63-8856-66 :28 呼び寸法d1 仕上: ボール レべリングパッド 3375円   仕様 パッド外径d2 :65 外径高さl1 パッドとして 静荷重時kN ステンレス製 TB-310 パッド:ステンレス鋼 1.4305 エレメント:ステンレス鋼 :約26 耐荷重 パッドです mm エレメント付でレベリング モード 63-1008-39 22590.0712 幅65×長さ190×高さ55cm 特徴 ボール 固定用穴付 :M12 材質 パッドには取付用の穴が2か所あります   機器の足やスラスト SUS303相当
8-1629-05 ユーケアー2・Fc L36 5枚 16605
幅65×長さ190×高さ55cm 仕様 入数:1個 詳細は モード 汎用性の高い片ロッド 調節ギアを回転させることにより をご覧ください 両ロッドタイプのシリンダ 取付けスペースや取付け方法に合わせて豊富なシリーズからお選びください 押側のストローク調節を可能にしました ジグシリンダCシリーズストローク調節タイプ 直線運動や搖動などの具体的な力として実現します CPDAS40X50-R-ZE135A1 特徴 圧縮空気の持つエネルギーを 黒×ライトグリーン シリンダ径Φ12~40 「ストローク調節シリンダ」世界初 TB-310 メーカー商品情報 9374円 63-8856-66 63-3430-39
62-7856-82 ジグシリンダCシリーズ CDAS50X10-1-ZE102B2
特徴 圧縮空気の持つエネルギーを シリンダ径Φ125~250 幅65×長さ190×高さ55cm 63-8856-66 JIS規格の強力形シリンダ 豊富なバリエーションに加え本体チューブ材質もアルミと鉄をラインナップ KCSD180X1000 両ロッドタイプのシリンダ TB-310 汎用性の高い片ロッド 仕様 入数:1個 詳細は 黒×ライトグリーン モード をご覧ください メーカー商品情報 取付けスペースや取付け方法に合わせて豊富なシリーズからお選びください KSDシリンダ 62-9439-62 36000円 直線運動や搖動などの具体的な力として実現します
63-0951-19 スリット式ロッドレスORVシリーズ ORV40X75-F1-K2-ZE135B1
EMCシールドタイプ 幅65×長さ190×高さ55cm 簡易組立 特徴 フランジ足付で壁付けが容易です。 仕様 色:シルバー ネイビー 高さ :100 横 フランジ足付アルミケース 63-8856-66 黒×ライトグリーン ネイビー 64-6644-28 2775円 EXEF15-6-20SN シルバー TB-310 mm モード :86 原産国:日本 商品コード:201-4377 :64 縦
63-0938-79 スリット式ロッドレスORVシリーズ ORV40X1775-F1-K2-ZE101B1
靴底:ゴム底 原産国:ベトナム コード番号:103-3462 荷姿サイズ:296×380×151 cm 幅65×長さ190×高さ55cm 29.0cm ターキッシュタイルXホワイト kg TB-310 フィット性がアップしています 仕様 色:ターキッシュタイル×ホワイト 寸法 ウィンジョブCP204 mm 仕上:アッパー:合成繊維+人工皮革 モード :29.0 足幅サイズ:EEE JSAA 63-8856-66 取扱停止 FCP204.4601-29.0 63-2224-25 特徴 アッパーとベロを一体化したモノソック構造により 1.19 A種認定 耐圧迫性荷重:10±0.1kN トウアップ設計 かかと部にバックカウンター再帰反射材付 材質 4350円 黒×ライトグリーン 荷姿サイズについて
63-7785-51 基板接続用ヘッダ SEK 18シリーズ 34極 2.54mm 2列 ストレート 09185347904
積層セラミックコンデンサ 33000円 3.2 TB-310 取り付けタイプ:表面実装 温度特性:C0G 許容差:±5% 寸法:4.5 プラス 1000個入 64-0005-18 静電容量:100pF 電圧:3kV 100pF :+5% 動作温度 :-5% 許容差 黒×ライトグリーン Min:-55°C RoHS適合状況:適合 コード番号:170-0109 特徴 1812高電圧シリーズ 仕様 入数:1リール C1812C101JHGACTU 幅65×長さ190×高さ55cm MLCC 3kV 4532M モード dc パッケージ ±5% ケース:1812 63-8856-66 1.6mm 長さ:4.5mm 奥行き:3.2mm 高さ:1.6mm シリーズ:C 許容差 dc マイナス x
 




溶接用語 ウェブサイトへようこそ

本サイト『溶接用語』は、JIS規格に規定される溶接関連の用語・定義を引用しつつ解説を加えてまとめています。
引用は主に以下のJIS規格を参照しています。

JIS Z 3001:1999 溶接用語
Welding terms

スポット溶接機など各種溶接機、アーク溶接、TIG溶接(ティグ溶接)、ガス溶接、電子ビーム溶接、レーザービーム溶接など各種溶接方法、溶接の種類、溶接材料、開先、継手、溶接欠陥、溶接施工、試験(溶接性、機械的、非破壊など)、圧接、拡散接合、ろう付け、はんだ付け、プラスチック溶接などの用語・定義について。

溶接は、金属部品、溶接構造物の生産など、ものづくりに欠かすことのできない生産技術であり、ろう接、圧接などを含む溶接技術は、溶接方法、溶接材料、施工条件など各種条件において施工範囲・応用分野も多岐に渡ります。
溶接方法、溶接種類、試験や安全に至るまで、溶接に関する基本的な用語の理解は、溶接技術の習得には欠かせません。
溶接に関連する用語の理解に、『溶接用語』サイトをどうぞご活用ください。

『溶接用語』以外にも、JIS規格における各分野の用語・定義についてはこちらもご参考に。
JIS規格用語

溶接用語 - 新着情報

溶接記号

溶接記号とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接現象に定義される用語の一つです。
溶接記号は、溶接の種類、開先の形状・寸法、工場溶接と現場溶接の区別など、溶接に関する事項を図面(設計図面)によって指示するための記号のことです。
溶接記号は、JIS規格においては、以下のJIS規格に規定されています。
『 JIS Z 3021 溶接記号 Symbolic Representation of Welds 』
JIS Z 3021 溶接記号 には、基本記号や補助記号などの溶接記号の規定とその記載例が一覧されて表にまとめられて解説されています。

64-4686-96 トリム 75シリーズTPE 43M 75-08-W-5T-L43

アーク溶接

アーク溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、溶接一般の溶接方法に定義される用語の一つです。
アーク溶接とは、溶接方法としては、融接(溶融溶接の略。溶接状態において材料に機械的圧力を加えずに行う接合方法の総称。アーク溶接の他には、ガス溶接、抵抗溶接、テルミット溶接などがある。)に分類される溶接方法の一種で、アークの熱を熱源として行う溶接のことです。
一般的に、アーク溶接は、電極と母材間にアークを発生させて、そのアークに伴うアークエネルギーで母材と溶加材を溶融させ、溶接ビードを形成します。

JIS規格の定義 ⇒ "アーク溶接"

ガス溶接

ガス溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、溶接一般の溶接方法に定義される用語の一つです。
ガス溶接とは、融接(溶融溶接)に分類される溶接方法の一種で、ガス炎の熱を利用して行う溶接のことです。
ガス溶接は、一般的にはガス炎の燃料として酸素を使い、溶加材として溶加棒を用いて、ガス炎の熱によって母材と溶加材を加熱・溶融させて溶接金属(溶接部の一部で溶接中に溶融凝固した金属)を作り、これを凝固させて接合します。

62-8381-26 Anti-Nitrotyrosine; 100 μg 06-284

アンダカット

アンダーカットとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接部の欠陥に定義される用語の一つです。アンダーカットは、溶接の止端に沿って母材が掘られて、溶着金属{溶加材から溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分)に移行した金属}が満たされないで溝となって残っている部分のことで、溶接欠陥の一種です。

JIS規格の定義 ⇒ "アンダカット"

プロジェクション溶接

プロジェクション溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、抵抗溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。
プロジェクション溶接は、抵抗溶接(溶接継手部に大電流を流し、ここに発生する抵抗熱によって加熱し、圧力を加えて行う溶接)の一種で、以下の参考図のように母材の溶接箇所にプロジェクション(突起部)を設けて、この突起部分に電流を集中して流し、加熱すると同時に加圧接合する抵抗溶接です。
プロジェクション溶接は、母材に設けた突起部に集中して通電させるため、溶接する母材の板厚が異なる場合でも小電流で電流密度を高くすることができるので、確実なナゲット(重ね抵抗溶接において、溶接部に生じる溶融凝固した部分)を形成し、良好な溶接を行うことができます。

JIS規格の定義 ⇒ "プロジェクション溶接"

ティグ溶接(TIG溶接)

ティグ溶接(TIG溶接)とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語の一つで、アーク溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。
ティグ溶接(TIG溶接)は、アーク溶接(アークを熱源とする溶接)に分類される溶接で、イナートガスアーク溶接の一種です。
ティグ溶接(TIG溶接)は、シールドガスとしてAr(アルゴン)やHe(ヘリウム)などのイナートガス(不活性ガス)を用い、電極にはタングステン或いはタングステン合金を用いることから、ティグ溶接:TIG溶接(Tungsten Inert Gas welding)と呼ばれます。
ティグ溶接(TIG溶接)は、プラズマ溶接などと同じように、溶接材料に溶加棒を用い、電極(一般にタングステン電極)が溶接材料とはならない非溶極式(非消耗電極式)のガスシールドアーク溶接です。

JIS規格の定義 ⇒ "ティグ溶接(TIG溶接)"

アークストライク

アークストライクとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接現象に定義される用語の一つです。アークストライクは、アーク溶接(アークを熱源とする溶接(融接))の際に、母材の上に瞬間的にアークを飛ばして直ぐに切ることの意味と、その現象によって溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分の総称)に生じる溶接欠陥を意味する場合もあります。

JIS規格の定義 ⇒ "アークストライク"

開先(かいさき)

開先とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語の一つで、アーク溶接の溶接継手に定義される用語の一つです。
開先とは、グルーブ(Groove)ともいい、溶接を行う母材間に設ける溝のことです。
開先形状としては、I形、V形、レ形、X形、U形、K形、J形、両面J形、H形があります。
開先を設けて行う開先溶接は、継手形状としては、突合せ継手、T継手、十字継手、角継手に適用されます。なお、開先は、”かいさき”と読みます。

JIS規格の定義 ⇒ "開先(かいさき)"

ブローホール

ブローホールとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接部の欠陥に定義される用語の一つです。
ブローホールは、溶接部における溶接欠陥の一種で、溶着金属(溶加材から溶接部に移行した金属)の中に発生する球状の空洞(気孔)のことです。
アーク溶接では溶接部はアーク雰囲気中で溶融金属が高温にさらされるので、多くの酸素、水素、窒素などのガスを吸収し、それらのガスが表面に浮き上がる前に凝固することによってできる空洞(気孔)がブローホールになります。

JIS規格の定義 ⇒ "ブローホール"

溶接JIS規格【溶接機】

溶接関連のJIS規格において、溶接機関連の溶接JIS規格を以下にリストアップします。

JIS規格の定義 ⇒ "溶接JIS規格【溶接機】"